読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Lesaria の Multiple-Choice

とりあえず、日記がメインのはず。最近では、小説を公開したり、聴いた音楽や考えてることについて話してます。

ベンツSSK と 今日の同心円状の言及

■ベンツSSK
 土曜日は食べて寝て食べて寝て、夕方からスポーツクラブ。日曜日は朝から一人カラオケしてサイゼリヤで昼食。スポーツクラブで自転車を1時間を2回こいで、16時からヨガ。この時持ち出し録画で、ちょっと前の「ルパン三世 princess of the breeze」を消化。空賊が出てくる話。原点回帰と謳っており、随分と宮崎駿と2期ルパンを意識した造り。面白く視聴。満足と言っていいと思うが、振り返ると不満も残る。明らかな焼き直し予定調和。既に水戸黄門の域。まぁそうなるよね。これに限らず悪者な事業家というもの良く出てくるので飽きてはいる。とは言え、往年の視聴者のツボは抑えてくる。例えば筋とは関係ないが、CGで描かれたセルより質感のあるベンツSSKは個人的には結構良かった。そして帰宅してからは「ケーキの日」。お気に入りのチョコケーキを頂きました。

 

■今日の同心円状の言及

 前回も以前にも、言葉で捉えることは世界を分割することだと書いた(と思う)。そしてこれは生存戦略と関係する。それは生における取捨選択を規定する。つまりが価値と関係する。ここまでは僕的には新しいのだけれど、今日思いついたここから続くメソッドは「目的を明示的に決める、意識する」という世間的にも古典的なものだ。

 例えば読書なら、どの様な観点で読むか。どの様な目的で知識を拾い出すか。こういったことを念頭に置きながら目を通すと頭の中で整理がしやすくなる。(覚える時は記憶することを意識することになる)。実はこうやって絞って知識を吸収整理するより、良い読書方法があるんじゃないかと一時期思案した。漫然と読むほうが良いんじゃないだろうかと考えたこともある。

 このように考えたり日記を読み返したりして、誰かの「考え」は何かを目的に整理された言説なのではないかと思い至る。本人が意識しているか否かは別として何かしらの目的意識を読み取りうるのではないか。そんな観点で整理することも面白いかもしれない。