Lesaria の Multiple-Choice

とりあえず、日記がメインのはず。最近では、小説を公開したり、聴いた音楽や考えてることについて話してます。

書籍購入ログ 2017/06/07 「バイオレンスアクション1巻」「〇〇〇〇〇〇〇〇殺人事件」他

 ■コミック

バイオレンスアクション(1) (ビッグコミックススペシャル)

バイオレンスアクション(1) (ビッグコミックススペシャル)

 

 デリバリー殺し屋(デリヘル風)で、日商簿記勉強中の女の子が主人公。この一巻は、淡々と殺人を標的を始末するアクションです。巻末で周りの人間関係が書かれ始めたので、2巻以降はそちらにもスポットがあたるっぽい。面白いんだけど、万人にはオススメできない「話」があります。 僕的には苦手な拷問系エピソード。

 

■小説 

○○○○○○○○殺人事件 (講談社文庫)

○○○○○○○○殺人事件 (講談社文庫)

 

 メフィスト賞を取った題名当てミステリ。そして援交高校生探偵 上木らいち が登場。表紙は講談社ノベル版の方がキャッチ―。

○○○○○○○○殺人事件 (講談社ノベルス)

 

 

 ■その他

自我と防衛

自我と防衛

 

 

くじけそうな時の臨床哲学クリニック (ちくま学芸文庫)

くじけそうな時の臨床哲学クリニック (ちくま学芸文庫)

 

 

臨床哲学がわかる事典

臨床哲学がわかる事典

 

  はいはい好物の心理学と哲学です。防衛機制に関心があるのは僕の「漫画的プロファイリングの試み」の記事をお読みの方はご存じでしょう。「臨床哲学」はけっこう最近気になっているタームなので、二冊アマゾンでぽちぽちしてみました。こんなことしてるから、積読のスタックがどんどん高く高く育っていくわけです(苦笑