読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Lesaria の Multiple-Choice

とりあえず、日記がメインのはず。最近では、小説を公開したり、聴いた音楽や考えてることについて話してます。

「小説家を見つけたら」を見ながら。

日記 映画

 Twitterで呟きながら、考え事をしていたら マドンナのDIE ANOTHER DAYを聴きたくなった。ヘビロテしていたら、ムーアの「私を愛したスパイ」を見たくなってレンタル。ショーン・コネリーを連想して「小説家を見つけたら」を引きずり出した。今見ている。

 ブロンクスのスラムに住む黒人の少年ジャマールはショーン・コネリー演じる風変りな老人フォレスターに出会う。彼は処女作でピューリッツア賞を受賞。次作を期待されながら姿を決した小説家だった。

 ここまで書いてほったらかして最後まで映画を見て、エンディングでちょっとウルウルしてるんだけど。やっぱいい話だわ・・・。

 作中でタイプライターを前に「考えてる」とうジャマールに「よせ、打つうちに何かが浮かぶ」という「初めに書く文章はハートで書け」「遂行では頭を使え」「書くための最大のカギは書くこと。考えない」これはそっくり文章を書くために手本したスタイル。僕も書きたい衝動がたまったら、キーに向かう。打つうちに何かが出てくる。キーボードを打つ単調なリズムが書きたい衝動を呼び起こすこともある。作中では「タイプする単調な~」という始まりで似たようなセリフがある。フォレスターは作中でジャマールの教師を「挫折を経験した教師はとても有能であるか、危険であるかのどちらかだ」と評する。これも作中で印象に残る名句だ。とブログのノルマを消化。

 んじゃ、ちょっとお茶してくる。

 

小説家を見つけたら [DVD]

小説家を見つけたら [DVD]

 

 

小説家を見つけたら (ソニー・マガジンズ文庫)

小説家を見つけたら (ソニー・マガジンズ文庫)