読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Lesaria の Multiple-Choice

とりあえず、日記がメインのはず。最近では、小説を公開したり、聴いた音楽や考えてることについて話してます。

第一話 女子高生には向かない職業 シーン8 五菱重工の上司

自作小説

 坂田は明るい灰色の涼しげなスーツ姿だった。タイは青系のストライプ。ボタン・ダウンのワイシャツを着ている。助手に三人分のアイスコーヒーを買いに行かせる。音声チャットでフェアじゃないと喚くので、物理的フィジカルな会話を共有した。

 挨拶を交わし、探偵バッジを見せて、ガキが座っていた上座に腰を下ろさせる。上司というから電話をかける前は、依頼人の旦那と同じぐらいの年齢を想像したが、意外と若い。名刺から確認したプロフィールだと、四十に届かない。やけに汗を拭き、反対の手を何度も握ってはジャケットにすり付ける。そんな様子が、天下の五菱重工の部長にしてはとても頼りない。なのでちょっと最初から突っ込んでみることにした。

 「いきなり本題で申し訳ないです。岡部さんなんですがね、書き置きを残して行方が分からなくなっていましてね」
 そう言って書き置きのコピーを見せる。
「公にはしたくないんであんな方法でお呼びいたしました」
 他にも理由はある、探偵が資格制になったいまでも、任意協力を要求する権利が認められただけで、協力義務もなければ、強制する法律も罰則もない。法人様の扉を正面からノックしても手続きが面倒なだけだ。
「彼が失踪ですか。有給に入る前も特に変わった様子は無かったんですが」
 十分に間をおいて発せられたその声には、やや震えがある。そして続ける。
「二週間の有給を所得してます。調度お盆休みですし、11月の定年前に消化して頂きたかったので、長期でしたが、ごく普通に許可しました」
「岡部さんは課長でしたね、仕事上で部下とトラブルを抱えていた様子はありませんでしたか」
「特に思い当たることは…。」
 アイスコーヒーの入ったグラスが三つ机の上に静かに置かれる。助手と目が合う。
「お待たせしました」
 すまし顔で、そう言って俺のとなりに座る。さっきの辛辣な口調が嘘のようだ。坂田が礼を言う。俺は続けて質問をした。
「上司とトラブルはありませんでしたか? つまりあなたと…」
「いえ、め、滅相もない」

 少し顔を見つめて見る。一拍置いて話す。

「では、あるいは、女性の陰とかありませんでした、浮気されているとかそんな雰囲気ですか、たとえば、派手なネクタイを付けるようになったとか」
「岡部くんがですか、いえ、そんな変化には心当たりありません」
「八神幸子さんと言う名前に心当たりありませんか?」
「存じません。それが彼の浮気相手のお名前ですか?」
 そう言って額の汗を拭う。
「いえ、そういう訳じゃないんですがね、念のためお尋ねしました」
「彼が浮気というのは考えにくいです。生真面目な性格をしてまして」
「そうですか、じゃあ、岡部さんが一人旅に出たくなるような、そんな気配っていいますか、なにかありませんでしたか」
「探偵さんになら話して問題ないと思います。6月に社が契約しているカウンセリングサービスを利用していると聞きました」
 意外にあっさりと答える。
「どんな、悩みをお持ちだったか分かりますか」
「私には、定年鬱に備えて相談に乗ってもらうんだ、と言っていました」
「なるほど」
 口からでる言葉がところどころ固い。予定していた言葉をしゃべるような。そんな口調だった。

 俺はそのカウンセリングサービスのコンタクト・カードを受け取ってから、煙草に火を点けて、大きく吸い込んだ。ガキから嫌そうな気配を一瞬感じた。気にせず天井に向けて煙を吐きす。坂田が軽く咳き込だ。
「うちの所長がすいません。お煙草お嫌いですよね、今、止めさせますから」
 そういってこちらに向き直り、冷ややかにこちらを見る。
「こりゃ、気付きませんで、すいません、ちょっと我慢できませんでね」
「いえ、お気になさらず」
「いえいえ、すぐ済ませます」
 もう一服だけ吸って灰皿で揉み消た。
<あんた、もうちょっと周りに気を使いなさいよ>
 ガキが音声チャットで騒ぐ。
<俺には俺の流儀ってものがある。口を出すな>
<あ、そう。そういことなら、黙って観察させてもらうわ>
 まったく、気に障る。
「しかし、あれですな、御社の社屋が、丸の内に戻ったのは70年ぶりだそうですね」
「ええ、去年の春のことですね」
「お給料のほうもいいんでしょうな」
「まぁ、それなりですよ」
「そうですか、でも、しがない探偵からしたら、うらやましい限りですよ、この職業は収入が不安定でしてね。坂田さん、たしか機械身体事業部でらしたよね」
「大変そうですね。ええ、苦労もありますけどその点は安定しています」
「ところで、これは単なる好奇心からなんですけどね。どうなんです。戦時中はともかく現在ってどんな商材扱われてるんですか、戦時中。まぁ俺の若い頃と違って、義手や義足、よもや義体なんてものがそうそう売れるとは思わない。どんなもの扱われているんですか?」
 話題が変わったせいか、坂田の顔が少し和らぐ。
「最近の小売店のクラークではわが社の遠隔義体のシェアを伸ばしてます。他には重機系ですね、小さいものだとネコやイヌの機械身体。これは主に医療用のケア・ロボットなんかに使われています」
 仕事の話だからだろう。意外と流暢に話し出す。雑談を続け、カフェを出るときは、落ち着いて自然な態度で話すようになっていた。やっぱりなと思う。その間ガキが静かだったのが不気味だ。
「じゃあ、何かわかれば、そちらにもご一報入れます」
 坂田とは、そう言って別れた。ちょうど16時になろうとしていた。そろそろ一杯飲みたかったが、酒場が空くには早いだろう。コンタクト・カードを眺める。
 細い手が下からこちらに伸びる。仕方ない。共有を掛けて渡す。
「次はここでしょう?」受け取るとガキが言った。

 


更新履歴 

2015/10/25 初版公開

2015/10/25    改訂    ちょこっと修正。初版のうちとす

2015/10/30    改訂    重複した描写を削除

2015/11/17    改訂    会話を追加。

2015/11/18    改訂    描写を追加

2016/05/28    改訂    坂田のセリフを修正

 


~後書き~

 ちょっと難産でした。名前から分かると思いますが、五菱重工は、アノ会社がモデルです。だけれど、WEBだとドメインの下に部があること以外、まったく内部の組織が分からない。なんとか会社概要とか取り寄せれないかと一瞬思ったけれど、月1シーン。できれば2シーンのノルマを考えると躊躇。そして取り寄せる理由が思いつかない。

 加えて平日通勤途中に書いたのをボツにしてリテイク。しかも土曜日は金曜日に夜更かししてしまい、調子悪くて文章書けないと来ました。神田の古本市に行く予定でした。むろん別段そこまで拘りがないことや、積読がザックザックあることもあり、あきらめて。日曜日に執筆いたしました。

 予定といえば、土曜日に都内に歩きに行く予定もふわっと無くなったのは、昨日の日記に書いた通りです。脱稿したし、黒猫のウィズ、プレイしよう~っと。

 

 NEXT

multiplechoice.hatenablog.com


 

 

 

 ↓いしいひさいち先生の「女には向かない職業」は女流ミステリ作家を主人公としたコメディでとってもウィットに富んでいます。すっげぇ好き。

女には向かない職業1 (創元ライブラリ)

女には向かない職業1 (創元ライブラリ)