読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Lesaria の Multiple-Choice

とりあえず、日記がメインのはず。最近では、小説を公開したり、聴いた音楽や考えてることについて話してます。

中華料理の分・外から触る・戯言

■中華料理の分
 前日金曜日は会社の飲み会。中華の食べ放題。そこに居る時間中食べ続けるのが目に見えている。恩人である元上司への挨拶もそこそこに撤退。ゴメンナサイ・・・。開けて土曜日と日曜日。そこで増やした体重を減らすために、スポーツクラブに向かうつもりが、月末はお休みとのことで、諦めて茶飲み友達とスタバ。だけれど歩きたくなり、また朝の目方的に歩くべきとも思い、別れて都内。

 急いで連絡した食事友達と一緒に高田馬場からスタート。早稲田通りを東へ、牛込、神楽坂、神保町と移動。新お茶の水サイゼリヤで夕食。帰宅。その甲斐があり、今朝の体重は78.8kgまで戻る。本日は体重の減り具合に満足。その場合の「自炊」の予定を大幅に無視して、「黒猫のウィズ」に時間を費やす。午後から茶飲み友達とスタバ。昨日と同じものを頼む。ストロベリークリームフラペチーノ。帰宅してからTSUTAYAで借りた「SHERLOCK」シーズン1のエピソード3を視聴。

 

外から触る
 読書は「社会学がわかる辞典」流し読んでいる。ひとつひとつは理解できるが別段頭に残らない。通勤の合間に読み物として読んでいるのでこんなものか。相対的あるいは生物学的(?)なモノサシを援用してくる。平行して「真昼なのに昏い部屋」をちまちま読み進める。私は積読廃人なのを再度自覚。AMAZONで買った封の空いてない本の包みが部屋にあり中身が不明。なんとなく開けて確認するか思いだすのを待つかを迷ってる。外から触るとハードカバーのようだ。
※書いている間に思いだしたので、後ろで紹介しときます。

 

■戯言
 肩肘張らずに戯言。前に書いたことの焼き直ししか出てこないのでご注意。とはいえ微かに進んだ。生命に価値にあるのではなく生命が価値を与える。生命は自らの命に価値を与える。だから生命には価値がある。なので「生命に価値があるということを認めるのは、互いの価値を尊重しようということに他ならない」と纏めてみる。あるいは「互いの価値を尊重しなければならないだから互いの生命も尊重すべきである」。まぁこういう言い方もできる。つまり「生命に価値がある」と「互いの価値感を尊重すべき」という考えは互いに支持し合うもとして取り扱いうるってことだ。とも纏めれる。

 

SHERLOCK/シャーロック Vol.1(字幕版)

SHERLOCK/シャーロック Vol.1(字幕版)

 

 

社会学がわかる事典―読みこなし使いこなし活用自在

社会学がわかる事典―読みこなし使いこなし活用自在

 

 ↓これが中身のハズ

エヴァンゲリオンの夢―使徒進化論の幻影

エヴァンゲリオンの夢―使徒進化論の幻影