読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Lesaria の Multiple-Choice

とりあえず、日記がメインのはず。最近では、小説を公開したり、聴いた音楽や考えてることについて話してます。

コンサート。今日買ったコミック。その他の最近。

 翌日には日記にしようと思いつつ、今日まで来てしまいました。なんの話かと言えば、ゲンスブールナイト行ってきました。会場から POiSON GiRL FRiEND まで拝聴。素敵なコンサートでした。一番嬉しかったのは20年間ファンをしていて初めて生のnOrikOさんと直接お話させていただけたことです。すこし緊張して一方的なご挨拶になってしまいました。そして新譜のジャケットにサインを頂きました。次に嬉しかったのは、20年前に何通かメールをやり取りしただけの僕を覚えていて下さったことです。そして、このままの勢いであと20行が書けそうです。

 今日買ったのは「超人ロック 刻の子供達」の2巻、安彦良和の「天の血脈」の4巻です。「刻の子供達」は1巻でシュールでコミカルな状況が着々とそろって行きました。昔のキレのいいコメディ映画を彷彿としました。ですが思いのほか背景にあるものが重そうなので、2巻もシュールさとコミカルさの中に重さを残したまま進んで行き、その状況に対して「アレ」が投入されるわけです。もう一冊は歴史ロマンですが未読なのでまた後日。

 三段落目に困りましたな。そういえば、SAO2録画しているのに消化できていないです。ヨガは一度やったんですが、その後休日出勤とかで時間取れずに腰をすえてはやってないです。行き成り始める前に読み物として一旦目を通すべきかとも思ったり。壁を利用するように書いてあるのですが、家でそれに使える壁が無かったり。うち貧乏性で収納が多いです。そして自室は本棚が壁を埋めてます。「言語的思考へ」は読み進めています。やっぱり通勤途中で読む本じゃないですな。だんだん語られていることの筋を説明できなくなってきました。こういう本を通勤中に読みこなせるようになりたいものです。言葉を哲学的にどう取り扱うべきかということに関して論じられています。今日まで読んでいた章が、文脈や状況、発話者や著者から切り離しただけで、言葉の解釈に幅が埋まれることが語られていることは読んでいて分かるのですがねぇ(苦笑)